ゼロファクター5αSPシェイブジェルの効果のうち、シェービング剤としての役割のうちの一つであるカミソリの滑りの良さも重要と言えます。
滑りを良くするためには、成分によって肌を保護するのみならず、ヒゲ自体を柔らかくして剃りやすくすることも大事です。市販のシェービング剤であっても、ムダ毛を柔軟化させる効能を持つポリクオタニウム-39や、褐藻エキスが配合されたものも存在しますが、ゼロファクター5αSPシェイブジェルには、このような成分は配合されていません。このような柔軟化作用を有する成分が配合されていれば、ヒゲが柔らかくなることによって、カミソリ負けをする可能性が低くなるため、あるに越したことはないです。
しかしながら、ヒゲが単なる水分を含ませることによって通常時の1.5倍弱も膨張するという性質に照らせば、ヒゲを柔軟化させるためには、何ら特殊な成分を配合する必要性はないと言えます。最低限、水か、欲を言えばお湯をつけるだけで事足ります。柔軟化成分を配合するコストを、抑毛のコストに回したほうが有用であるとも考えられます。ゼロファクター5αSPシェイブジェルには、ムダ毛を柔軟化させて剃りやすくするというコンセプトはないのであって、上記に説示したとおり、ゼロファクター5αSPシェイブジェルに含まれている水によって、十分に軟化させることが可能であるために、わざわざ柔軟化成分を配合させなければならないということはないと言い得ます。

ゼロファクター5αSPシェイブジェルに含まれる成分に照らし、モンドセレクションの受賞歴をも併せれば、ゼロファクターの安全性は極めて高いと言えます。ただ、防腐剤などは化粧品であるため、やむを得ないと言わざるを得ません。むしろ、香料が不使用であったり、界面活性剤を天然のままで配合していることからすれば、肌への安全性を十分に考慮していることが明らかです。他方、保湿成分に至っても、ほぼ天然由来の成分であることから、刺激が強いために効果が出ない、あるいは逆効果になるといったことはあり得ないでしょう。
目安とすれば、市販品にて何らのトラブルも起こり得なかったという人であれば、5αSPシェイブジェルも何らの問題なく使用可能でしょう。

ゼロファクターには抑毛作用に効果のある5αリダクターゼを阻害する天然由来の成分が多量かつ多種配合されており、それに保湿作用に至っても、低刺激であることから、一般の化粧品と比べても非常に高品質と評価できます。

関連記事

    None Found