太陽光発電を行う際には、いろんな会社のカタログを見るでしょう。
そこには、目安となる発電量が載っています。
はたしてその発電量は信頼できるのでしょうか?
メーカーのカタログに出ている発電量はあくまでも、目安にしかなりません。
実際にカタログに書かれている発電量と違うというようなトラブルも耳にします。
発電量は様々な環境によって変化します。
例えば、天候です。
晴れの日が続けば当然発電量も多くなりますが、梅雨の季節や、冬場など雪が降る地域などでは発電量が大幅に下がります。
ですから、太陽光発電のカタログに書かれている発電量はあくまでも目安という認識をしておくことが重要です。
また、発電量は影によっても大きく影響を受けてしまいます。
よくあるのが、木や電柱の影になってしまい発電量が大幅に落ちてしまうケースです。
太陽光発電を設置する際には必ず影の影響についてしっかりと確認しておく必要があります。
影の影響について知っているだけでも対策を講じることができるので知っておきましょう。
発電量は環境によって様々で一定ではないということを理解しておきましょう。
発電量について正しく知っておけば後でこんなはずではなかったということにならずに済みます。
参考:太陽光発電 カタログ 発電量

関連記事


    太陽光発電を導入すると発電する事が出来て家庭で発電した電気を使用する事が出来ます。 それにより電気代を安くする事が出来るメリットがありますが、天候によって発電量も異なってきてしまいます。 そこで太陽光…


    太陽光発電は設置することで自宅の電力を賄うことができるだけでなく、余った分売電をして収入を得られるためにとてもお得なシステムのように思えますが、設置する地域によっては太陽光発電を設置してもメリットにな…


    太陽光発電は太陽光が当たるかどうかが一番重要なところです。 雪国ですと夏場はともかく冬場は日光が当たりにくいものですが、雪国は太陽光発電にはいいところなのでしょうか? 基本的に雪国というのは発電量は少…


    「太陽光発電システム」を考えている方は多くいらっしゃると思います。 すでに設置している方も少なくありません。 これから設置を考えている方にまず、知っていただきたい「太陽光発電システム」のポイントを紹介…


    海外での太陽光発電の状況について調べて見ると、特にアメリカとドイツが太陽光発電に積極的に取り組んでおり、日本の太陽光発電にも影響を与え続けております。 アメリカでの太陽光発電への積極的な取り組みは、オ…