久しぶりに運動したり、激しい運動した翌日に襲ってくるのがあの筋肉痛ですよね。
激しい筋肉痛ですと動くのもしんどくなるほど痛いですよね。
そんな筋肉痛の時は体を休めた方が良いのでしょうか?
それとも、あまり気にせず筋トレにコツコツ毎日トレーニングした方が良いのでしょうかと言う質問が多く寄せられています。
その答えは、トレーニング効果を最大限に発揮すためには、筋肉痛が出ている場所のトレーニングはやらない方が有効といえます。
筋肉痛が出ている間は、まだ筋繊維の修復が終わってなく、筋肉が回復途中って事を示しています。
筋肉痛というのは筋の炎症から起こるダメージによる痛みなのです。
筋肉痛の発生する理由については、医学的に実は、まだわからないことが多く謎な点も多いのです。
しかし一般的に言われる事は、運動によって傷ついた筋繊維を修復するためのメカニズムの一部とされています。
筋肉痛が治ってないと言う事は、筋肉痛なる以前の筋肉の状況に戻ってないと言う事が考えられますので、可能な限り体は休めた方が良いと言う意見が一般的です。
この筋肉痛で回復途中にオーバートレーニングをしてしまいますと、筋肉がつくどころか逆に筋肉がどんどん衰えてガリガリになってしまいます。ですので体を休める時はしっかり休める方が良いでしょう。

この体を休める期間がいわゆる超回復と言われており筋肉が付く期間と言われています。
超回復はもちろん個人差もありますが、約48~72時間ほど必要とされています。
この期間は筋肉の大きい部位での参考時間です。
具体的に言うと大胸筋や大腿筋、背筋などです。
また、トレーニングの強度なども関係してきます。
この期間の長さは筋肉痛の炎症が収まる時間とだいたい一致しますので、筋トレを再開するときの目安として使えます。
ほんとに体の限界まで追い込んで時はしっかりと休みを入れる必要があります。その時は72時間と言わず96時間程度要することもあります。
筋肉と言うのはこのようにただがむしゃらに筋トレをすれば良いというものではありません。筋肉を作る3大要素と言えば、筋トレ、休養、栄養です。
これら3つはどれも同じぐらい重要な要素ですのでバランスよく筋トレに励んでみてください。
詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒ビルドマッスルHMB

関連記事

    None Found